HOME>トピックス>安心できる住まい維持

耐震性を高める施工

兵庫ではやはり耐震改修の課題からもリフォームが注目されています。新築される住宅については耐震技術の利用ができても、既存建物の耐震改修も進めなければなりません。耐震性が不足していても対策しないなど、個人の地震への備え(意識)が低いようです。兵庫の住宅メーカーでは、リフォームなどの際に積極的に住宅所有者の相談に乗るようにして以降は、意識向上に繋がっています。工事費が高い、自分たちのエリアや所有地だけは安心などの思い込みがあるようですが、支援策があることを教えてくれます。耐震といっても、制震、免震の手法があり、揺れや衝撃を吸収したり、衝撃を建物に伝えない構造にしたりすることですが、この手法が注目されています。

マンションの改修制限

今、兵庫の大きなマンションの建築は大手メーカーが手掛けています。しかし、分譲後の建物管理は区分所有者の団体である管理組合が行っています。今、マンションの管理組合がリフォームの仕事に機能し始めていて注目度が増しているそうです。マンションのリフォームや改築に関わるのは制限、だからそれに関わる法律の知識も必要であることも理由の1つです。ですから今、区分所有法まで知るリフォーム専門業者、管理組合に相談する者が増えているようです。技術的問題がなくとも、法律上簡単ではない、ムリだということにならないような知識さえも注目されています。

広告募集中